バラ祭り最終日のバラ摘み


バラ祭り最終日の日曜日の朝10時から、バラ畑でのバラ摘みが行われました。
この記事に書いた通り、今年はバラ摘みの会場が例年とは違い
「E85 7, Kran, ブルガリア」で行われました。
2017-06-05_23h16_52
地図の赤枠の所です。予想通り、クランへとエニナへの道に迂回するようになっていました。
シプカからの6番のバスも、いつもは北側の通行止めのところから右に曲がってこの道に入るのですが
まっすぐクランの方へ行ってしまうため、そこで降ろしてもらって歩いていきました。
クランの分岐から、会場までは約20分位でした。道の途中には、観光バスが並んでいました。

DSCN6495
会場に到着。Крънско ханче(Kransko Hanche)という、モーテルとレストランの複合施設の近くでした。

DSCN6497
会場では、ブルガリアの伝統展示が行われていました。これは、糸を紡いでいる所ですね。

DSCN6498
こちらは、食べ物の展示。

DSCN6499
ここでは、バラの冠を作ってくれていました。

DSCN6507
これは、ローズオイルを抽出する道具です。

DSCN6502
バラ畑でバラ摘みが自由にできました。

DSCN6505
来賓の挨拶などの後、ダンスが始まりました。

DSCN6508
ピンクのドレスを着ている3人がバラの女王です。

会場はかなり混んでいました。一番多いのは中国系の人かな?日本人はチラホラ見るぐらいでした。
儀式を見るのも結構大変なぐらい混んでいるので、バラ祭り期間中の土日に周辺の村で行われる
バラ摘みに参加したほうが、楽しめるかもしれません。来年は色々行ってみようかな〜

2017-06-06_00h36_58
最初は、また北側に戻って6番のバスに乗るつもりだったのですが、
待ち合わせの時間に遅れるかもしれないので南に歩いていくことにしました。
南側の通行止めのところまでも20分ぐらいでした。
今までの会場より歩いていくのが楽になって良かったです。それでも自転車があったほうが便利だな〜

12時から、センターでパレードがあるのですが11時前には中心への道が通行止めになっていました。
最初の予定通り6番のバスに乗ってたら、トラキア人の墓の方へ連れて行かれるところでした。
乗らなくてよかった〜。

DSCN6512
途中にある像。共産アートって感じですね。
前より楽になったとは言え、結構歩いて疲れた〜。



どれか1つクリックお願いします。
easteurope88_31 semiretire88_31 longstay88_31

Sponsored Link