毎年ジャムを作っています


借家の庭に大きな桜の木があり、毎年6月の上旬に沢山の実を付けます。
たまに水をやるだけで、何も手を加えていないのですが毎年沢山収穫できて嬉しい限りです。
ちょうど熟す頃に雨が多いので、カビる前に採るのが大変です。
当然食べきれないのでジャムを作っています。
手の届く範囲だけを収穫しても、大きなバケツに5杯は採れます。
今年は、大家と大家の義母に1杯ずつあげて、残り3杯をジャムにしました。

木に登ればもっと上の方の実も取れるのですが、
落ちて怪我をしても困りますし、そんなにとっても消費しきれないので最近は登っていません。
DSCN6409
これがバケツ一杯分です。軸と種を除くと約2.5Kgです。
サクランボのジャム作りで一番面倒な行程は種取りです。
割り箸でお尻から押すと種がきれいに取れるので、最近はこの方法で種を取っています。
実が丸のまま残るので、ちょと贅沢なジャムができます。

種を取ったサクランボを鍋に入れて、25%の砂糖を入れて一晩置きます。
翌日半分ぐらいになるまで煮詰めて、瓶詰めにしています。

今年は、イチゴも沢山採れたのでジャムにしました。
DSCN6647
左がサクランボ、右がイチゴです。サクランボはこの倍ぐらいの瓶詰めができました。
毎朝ヨーグルトに入れて食べています。

この後は、ラズベリー、ブラックベリーと次々にできるのでまたジャムを作る予定です。

 コンポートも作りました


DSCN6613
こちらは、サクランボとイチゴのコンポートです。
瓶に実と砂糖と水を入れて蓋をした後、瓶ごと煮て作ります。
水や炭酸水で薄めて飲むと美味しいです。(実はエキスが出てしまっているので美味しくないです)


どれか1つクリックお願いします。
easteurope88_31 semiretire88_31 longstay88_31

Sponsored Link