データ通信専用(通話なし)のSIMでも通話ができる方法について書いていきます。
今回は受信について。発信については次回書きたいと思います。

 IP電話サービスを使う


その方法とは、050のIP電話サービスです。
今回は、私が使っているSMARTalkと、良く使われているブラステルをご紹介します。

共通の利点として、
1.050のIP電話番号が無料でもらえる
→発信しない限り、初期費用も基本料もかかりません。
→日本の電話番号なので、日本からも気軽にかけてもらえる
→申込みなどで日本の電話番号が必要な時に使える

2.ネットに繋がっていればどこででも電話が受けられる
→データ専用SIMだけでなく、wi-fiでもOK。海外にいても受信可能です。
→海外にいるときに受信しても、着信料などはかかりません

3.各サービス同士の通話は無料
→同サービスの050番号間の通話料は無料です。
などがあげられます。

欠点は
1.音声通話に比べて音質が劣る
→通信速度によって、左右されますが最近はかなり改善されていると思います。
普通に通話するぐらいなら、そう問題はないと思います。

ぐらいかな?とにかく、入れておいて損はないと思います。(無料ですし)


個々のサービスを見ていくと、

 1.SMARTalk

SMARTalkの利点は
1.課金しなくても番号が削除されない
→12か月間利用料の請求を行うことがない場合、サービス契約を解除することがあります。
と規約にありますが、今のところ解除された人はいないようです。

2.登録にSMS認証が必要ない
→海外にいても登録可能。

3.留守番電話サービスが無料
→メール録音音声ファイルを送ってもらったり、ネット上で音声ファイルを再生できます。
という点があげられます。

欠点は
1.公式のアプリの性能がイマイチ
→後述するアプリを使えば問題ありません。

2.フリーダイヤルや緊急電話番号には掛けられない
→フリーダイヤルに掛けたい場合は、ブラステルがおすすめです。
という点です。

 2.ブラステル

ブラステルの利点は
1.フリーダイヤルに掛けられる
→大体の050番号はフリーダイヤルに掛けられませんが、ブラステルの050では掛けられます。
(非通知の接続がOKなフリーダイヤルのみ)

欠点は
1.有効期限が1年
→入金か有料の通話をすれば1年伸びる

2.二種類の通話方法があるので、最初はわかりづらい
電話回線使用の方法(データSIMでは使えない)と050の方法が両方表示されるので迷う

3.SMS認証が必要
→顔写真付き身分証明書をカスタマーサービスに送ることによって回避可能のようです。

長くなってしまったので、個々のサービスについては次にアップしたいと思います。→こちらに続きます


どれか1つクリックお願いします。
easteurope88_31 semiretire88_31 longstay88_31

Sponsored Link