2018年はブログをサボり気味で、ほとんど書けていなかったので
もうすぐ1年経ってしまう前に書いていきたいと思います。
2018年春のことです。もうすぐ1年前になってしまう。。。

 ラキアの蒸留


bea65360DSCN9917_Fotor左の写真は一昨年のですが、大家さんがワインを搾った残りのぶどうで
今年もラキアを作ったそうです。→一昨年の様子はここをクリック
それを蒸留しに行くというのでついていってみました。

ラキアはブルガリアで飲まれる蒸留酒で、いろいろな果物で作られています。
アルコール度は約40%です。

DSCN9921_Fotor
すぐ近くの川の上流です。

DSCN9925_Fotor
こちらが蒸留の装置です。かなりの年代物。
左の窯にラキアの基を入れて、薪で熱します。水蒸気になったアルコールが上の管を通って
右の箱の中の管に入ってきます。

DSCN9926_Fotor
この管は水で冷やされているのでアルコールも冷やされて液体になって
下から出てきます。ブルガリア名産のローズオイルも同じ原理で作られています。

この蒸留を二回繰り返して出来上がりです。
(二回蒸留するのは、メチルアルコールになるのを防ぐためだと思います)

 乗馬する人を発見


DSCN9928_Fotor
シプカの町で乗馬をしている人を初めてみました。

DSCN9929_Fotor
いつもこのあたりで乗っているそうですが、初めて見た〜
いつも馬は馬車以外に見たことがなかったので、乗馬できる馬は珍しい気がします。

DSCN9937_Fotor
春は桜の花が満開で綺麗です。ブルガリアの桜はさくらんぼがなるのでこの後が楽しみです。


どれか1つクリックお願いします。
 easteurope88_31 semiretire88_31 longstay88_31 

Sponsored Link

関連コンテンツ