鉄道でソフィアからカザンラクへ


DSCN9966
朝7時の列車でカザンラクに向かうため、鉄道駅へ
ソフィアもバラがきれいに咲いています。

DSCN9975_Fotor
ホームに到着。安定の落書き列車です。
なんで落書きなんてするんですかねぇ。

DSCN9974
同じホームに二つの列車が停まっていますが、この後連結されるわけではなく
別の目的地にいく列車なので、乗り間違いに注意です。
各々逆が先頭なので、途中まで一緒ということもなく完全に逆の方向に行きます。
車掌さんに聞くか、列車の横にある行先表示を確認すれば大丈夫です。

2019-06-16_16h32_15
駅の時刻表の写真を撮り忘れたのでちょっとわかりづらいですが、
ホームの掲示板を拡大してみました。同じ番号のホームが西と東に分かれています。
こちらのホームは東(Изток)です。時刻表には、このホームは10иと表示されています。
もう一方は西なので、10з(Запад)と書かれているはずです。
今度ソフィア駅に行ったら撮るのを忘れないようにしようっと。

DSCN9970
車両の中は日本のような真ん中が通路で、窓際に2席ずつ並んでいる車両もありますが
このような小部屋に分かれている車両が大部分です。

DSCN9972
列車は1等と2等に分かれています。こちらは2等です。
ソフィアからカザンラクまで11.40Lv(718.2円 @63)です。

DSCN9971
こちらは1等です。2等に比べて椅子が大きく、クッションも良かった気がします。
こちらはカザンラクまで14.30Lv(900.9円)です。ほかに、座席指定料が0.5Lv(31.5円)かかります。
1等に乗る人は少なく、多くても6席に対して4人なので2等に比べて快適だと思います。
予定通り、10時半にカザンラクに到着しました。
この日は5月31日で、カザンラクのバラ祭りの初日だったのですが
残念ながら10時からのセレモニーを今年は見ることができませんでした。

この後、バスに乗ってシプカに到着しました。
久しぶりのブルガリアは、涼しかったです。今年の春は雨が多かったそうです。
着いてからも雨の日が多く、今年のサクランボは出来があまり良くなかったです。
熟してから雨が降るとすぐにカビてしまうし、難しいところです。


どれか1つクリックお願いします。
 easteurope88_31 semiretire88_31 longstay88_31 

Sponsored Link

関連コンテンツ